インプラント

歯を失ってしまった際の治療法・インプラント

インプラント
歯を失った場合の治療として、第一候補に挙げられるのがインプラント治療です。
インプラントとは、失われた歯の代わりに、人工歯根と呼ばれるものを直接埋め込み、その上から人工の歯をかぶせるという治療法です。
しっかりと骨にくっつくので自分の歯のような感覚で使うことができます。

入れ歯やブリッジは、歯の目に見える部分だけを作成します。
ですから、天然の歯に比べると噛む力がどうしても弱くなってしまいます。
というのも、歯は目に見える部分の下に根っ子のような歯根があり、あごの歯にしっかりと食い込むことによって噛む力を発揮しているからです。

インプラントは、あごの骨に穴を開けて、人工歯根を埋め込むことによって、天然の歯に近い構造を作り上げます。
見た目だけでなく、強い力も回復できるのがインプラントの大きなメリットです。

インプラントには、歯根と同じ働きをする「人工歯根」、目に見える部分である「人工歯」、この2つをジョイントさせる「アバントメント」という3つのパーツがあります。
一人一人の口内環境や希望に応じて組み合わせを調整でき、幅広い症状に対応できます。

こんな方にはインプラントがおすすめ

  1. 失った歯の両隣の歯に全く問題ない場合
  2. ブリッジ治療では、健康な歯を削って土台にする必要があります。
    歯は一度削ってしまうと決して元には戻らないので、インプラントのように他の歯を傷つけない治療が適しています。

  3. お口のメンテナンスが十分にできている場合
  4. インプラントは、天然の歯に近い環境を再現できるとはいえ、口内環境によっては治療ができない場合があります。
    特に、歯周病がある場合とそうでない場合では、インプラントの成功率が大きく変わるという研究結果もあります。
    日頃のメンテナンスによって口内環境が整っているなら、インプラント治療をおすすめします。

  5. 事故やケガで歯を失った場合
  6. 虫歯や歯周病によって歯を失った場合、あごの骨にも問題が生じているおそれがあります。
    しかし、事故やケガで突然歯を失った場合、歯の周囲の骨が健康である可能性が高いので、インプラント治療が有効である可能性が高まります。

  7. 総入れ歯にしなければならない場合
  8. ずっと入れ歯を使っていたものの、だんだんと合わなくなり食事や会話に不自由するという悩みは多く、当院でもインプラントを希望される患者様が少なくありません。
    しかし、高齢の患者様の場合、全身疾患によってインプラントができない場合もあります。
    ですから、総入れ歯にしなければならないという段階で、思い切ってインプラント治療も検討してみることをおすすめします。
    一本一本あごの骨に穴を開けるのではなく、数か所穴を開けて、そこから全体に歯をかぶせるという方法もあるので、治療費も抑えることができます。

インプラントのメリット

身体へのメリット
  • 認知症の予防・・・よく噛むことは、脳への血流をよくし脳へ刺激を与えます
  • しっかり噛めるようになることで、消化器への負担が軽減されます
  • 周囲の歯を支えにしないため、健康な歯に負担をかけません
見た目のメリット
  • 天然歯と比較しても遜色ない自然な仕上がりとなります。治療をしたことが、はために見てわかりません。
将来のメリット
  • インプラントを通して顎の骨に直接刺激が伝わることで、顎の骨が大幅に痩せる心配がありません
  • 咀嚼時の刺激が神経に伝わることで、脳への刺激にもつながります

インプラントと他の治療との違い

インプラント 入れ歯(保険適用の場合) ブリッジ
治療法
im1

あごの骨に人工歯根を直接埋め込み、その上に人工歯をかぶせる

im2

失った歯の本数に合わせた義歯を作成し、バネなどで他の歯に固定して装着

im3

失った歯の両隣の歯を削って土台にし、連なった人工歯をかぶせる

将来のメリット
  • 見た目が自然で違和感がない
  • 固いものでもしっかりと噛める
  • 会話中に外れることがない
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりする心配がない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安い
  • 取り外して洗える
  • 違和感が少ない
  • 自然な見た目になる
  • 素材によっては保険適用で治療費を抑えられる
デメリット
  • 治療費が高額になる
  • 外科的治療が必要で、口内環境や全身疾患によっては治療できない場合もある
  • 食事や会話中に外れる場合がある
  • 見た目が良くない
  • 噛む力が弱く、固いものが食べられない
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両隣の健康な歯を削らなければならない
  • 健康な歯に負担がかかり、将来的に歯を失うおそれがある

インプラント手術の流れ

CT事前検査
事前検査と治療計画

全身状態の問診と口腔内検査を行います。インプラント治療では、あごの骨の状態が重要なので、骨の量と質を検査するために、レントゲンやCT撮影を行います。こうしたデータに基づいて、全体の治療計画を立てます。

インプラントを入れる
インプラント(人工歯根)の埋入

局部麻酔をかけて、歯肉を切開し、あごの骨にインプラント(人工歯根)を埋め込みます。
インプラントを、あごの骨としっかり結合させるために一定の期間が必要です。
この期間は、インプラントの素材や骨の健康状態、患者様の体調によっても異なります。

土台を入れる
アバットメント装着

インプラントと骨がしっかりと結合したら、人工歯をジョイントするアバットメントの装着です。
インプラント部分の型取りを行い、適したアバットメントを取り付けます。

被せ物を被せる
人工歯の装着

失われた歯の代わりとなる人工歯を装着します。
人工歯の素材は、費用や見た目によって数種類から選択可能です。
他の歯とのバランスを確認しながら最終調整します。

相談
定期検診

インプラントは治療したらそれで終わりではありません。長期間使い続けるには、毎日の歯磨きと定期的なメンテナンスが必要です。

ぐりーんうぉーく歯科の安心の治療環境

インプラント治療は、歯肉を切開してあごの骨に穴を開けるという外科治療が必要なので、技術や導入設備によって治療レベルに差がでます。
当歯科医院の本院は、プラトンインプラントの認定施設です。
認定施設とは、インプラント治療を行う技術や設備が一定レベル以上であるということです。
安全正確な治療のために欠かせない歯科用CTも道入しており、国際口腔インプラント学会が認定する指導医も在籍しております。
さらなるレベルアップのために、アメリカのペンシルバニア大学認定のインプラントセミナーにも積極的に参加しています。

また、インプラント治療に対する不安が大きい患者様には、「快適集中治療システム」も設けており、安心して治療を受けていただくことが可能です。

歯を失ったときの選択肢

im12
インプラント治療は歯を失ったときの治療法のひとつ。生体親和性の高いチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、上部に人工歯を取りつける治療法です。
1本からの治療が可能で、従来の入れ歯やブリッジといった治療法と比べ、自分の歯のような感覚でしっかり噛める、周囲の歯に負担をかけないといったメリットがあります。また、見た目にも天然歯のように自然な仕上がりになり、多くの患者様に選ばれています。

ぐりーんうぉーく歯科のインプラント治療

im13
アタッチメント義歯
留め具を歯と一体型にした精密な義歯のことです。歯にしっかりと固定できるので、簡単には外れません。クラスプ(留め金)式の義歯より快適で見た目も自然です。アタッチメント義歯の一種としては、磁性アタッチメントがあります。

【メリット】
クラスプがないので、見た目が自然
歯を抜かずに利用できる
噛み心地が自然

インプラントQ&A

Q1.インプラントの寿命は?
A.インプラントそのものはチタンでできているので、錆びたり変質したりすることはありません。また、インプラントや被せものは虫 歯になりませんが、歯周病になることがあります。長持ちするかどうかは手入れ次第ということになるのです。手入れ次第では、生涯にわたってお使いいただけます。当院では、インプラント治療後の定期的な検査やPMTCの受診をおすすめしています。

Q2.インプラントができない場合はありますか?
A.身体が健康でない場合や顎の骨の状態がよくない場合、インプラントができないことがあります。歯科医師と十分にご相談ください

Q3.インプラントのできる年齢は?
A.顎の骨の成長が完了する20歳頃から可能で70歳くらいまでが最適な時期といえます(個人差があります)。

Q4.インプラント治療は痛いですか?
A.通常は局部麻酔をするので、痛みはほとんど感じません。不安の大きな方には、「快適集中治療システム」を活用しますので、ご安心ください。

Q5.インプラントはどこでもできますか?
A.どこでもできる治療ではありません。設備の整った、経験豊富な歯科医院で治療を受けるほうが安心でしょう。

Q6.インプラントは外から見てもわかりませんか?
A.周囲に気づかれることはほぼありませんので、ご安心ください。以前は、機能性(噛むこと)をメインに考えられていましたが、現在では審美性もしっかり考慮され、天然歯と比べても見分けがつかないほどになっています。審美的にも優れ、しかもしっかり噛むことができる。これが現在のインプラントなのです。

インプラントの料金

インプラント1歯(人工歯根+かぶせもの) 350,000〜400,000円
GBR 他 50,000円〜

※価格は税抜表記です。

関連記事

歯を抜く

歯を抜くことになったら?

抜歯についての相談で来院されたノリコさん、34歳。 以前に通っていた歯医者さんで、右下奥歯は抜歯になると言われました。 抜歯は初めての経験で、本当に抜歯しなけ 続きを読む→

白い斑点が歯にできたら?

アスカちゃん 6才 前歯に白い斑点ができているのにお母さんが気づき、お母さんと一緒に歯医者さんへ来ることになりました。 アスカちゃんは歯磨き指導をしてもらってから自 続きを読む→